性依存症者の集まり SAミーティングに参加したいのに…

クリスチャン

性依存症の仲間に会いたくて

数週間前にSAミーティングに参加希望のメールを送り、自宅に封書が届いた。

 

だけど未だ参加することに気持ちが持っていけない。
参加するには依存に完全に断ち切りたい意思が必要なんだけど、完全に止めたいと思えていないから。
パートナーがいるので、問題行動は犯さないのではないかと思うからなんだけど。
自分分析はいつも見通しが甘く、誘惑に踏み込んで、人間関係を壊して落ち込んで、さらに落ちるっていうパターンが多い。
だから今度こそは、学んで、前に進みたい。だけど、依存行動を改めることに本気で取り組めるのか。
パートナーには依存症のことを知られたくない。
スポンサーリンク

ラポール (信頼関係) が築けた仲間の存在

いまいちSAミーティングへの参加に踏み込めないのは、性的な関係はない友人に過去のことや、現在の衝動について話ができているから。共感できる仲間がいるからかもしれない。

共通する過去を持っているのに、わたしの依存症とは真逆の彼。

性を職業にしてきた為、今は全く性に興味が持てないらしいけど、治したいわけではないらしい。

強い仲間意識がある友人のひとり。

今は共依存にならずに済んでいる。

それでも些細なことで足元が崩れる不安はある。少し時間がかかるかもしれないけど、SAに参加してみたい。

セックス依存かも?の時に読むマンガ
元カレと付き合いだしたきっかけは自覚していたセックス依存症対策だった。 なんとなしに読んでた週プレNEWSで見つけた「セックス依存症になりました。」という漫画。 読めば読むほど、わたしは自称セックス依存症ではなく、れっきとしたセック...