未成年の妊娠、無視する社会

虐待

未成年の妊娠、どこまでも他人事な日本の社会

女子学生が妊娠したら退学させる学校、虐待事件の加害者が若年であれば「あ~、やっぱり」。

 

表示できません - Yahoo!ニュース

 

道を大切にするあまり、そこから外れた人間は規格外とでいいたいような対応力のない社会。過度に配慮するグループもあるのに対して未成年者の妊娠に全くサポートしていく姿勢が見えないのがとても残念。

日本の高校が退学させる理由に、性的暴行と妊娠がある。妊娠が犯罪と同列とは全く不可解な。教育機関が妊娠を理由に女子に対して懲罰を与えるのは性差別だ。

一人の女性とその子供の将来に悪影響しか及ぼさない高校の自主退学を、不安に苛まれている女性に対して迫るなんて非道だ。まともな性教育さえ与えていないのに、恥知らずな。

根拠に基づく対応「Evidence-based practice」

感覚とか経験といった曖昧なものではなく、蓄積されたデータに基づくアメリカのやり方は誰もが納得しやすい良い方法だと思う。勿論周辺の制度の違いもあるから丸ごと輸入ってわけにいかないにしても、理屈に基づくやり方であれば他人事として無関心だった社会も評価しやすいと思う。

低学歴と貧困の関係、虐待の連鎖、小手先だけでどうにもならない問題だから、根本的なところからサポートする。今の世代を支えて好転させて次の世代に繋げていく。支援される側だけじゃなくて、社会全体にとっても良いはず。

 

現在、児童相談所の職員が多忙を極めている中で起こる痛ましい事件。児童相談所に勿論非があったのだけど、お役所仕事だ、危機意識が低いだと言ったところで、次の事件を防げていない。

増員も必要だろし、法改正なんかも必要だろうけど、虐待因子からもっと積極的に関わって改善していってほしい。

 

根本的な対策を出してくるはずの政治に女性が圧倒的に少ない現状だと女性議員が特別枠のように映るし、多勢の男性に認めてもらわないと進まないという構図になってしまっているのも問題なのだと素人ながらに思う。

子育てと違い、妊娠、出産に関して男性目線で進められたらたまらないけど、福祉全面に無茶振りしている政党も呆れてしまう。

日本はいつまで先進国の中でジェンダーギャップ最悪の国で居続けるのだろうか…先を見るのが怖くなる。