神様の声ってどこまで届くんだろう?

クリスチャン

わたしのところまで届いているのは確かなんだけど、ここは真っ暗闇です。

緩く生きててなんとなく迷い込んだ心の迷路。

洒落にならない状況を洒落のように生きている。

嘘のような、本音のような、行く当てがわからないまま、漂流しているような、クラゲのような、どうしようもないこともないけど生温さに浸っているだけ。

 

こんな自分の何を真正面から向き合おうとしてくれる人たちがいる。

何があったか聞かないで、ただ聴いてくれる。

裏切り続けるのに、見放さないでいてくれる。

暗闇を奥に向かって歩いていくわたしのために祈ってくれる。

自分が悪いことなんて百も承知している。

責めないで、愛してくれる。

 

イエス様は自由に放牧してくれているから、その自由の限界を試したくなる。

いつまで経っても彼に対して試し行動をしてしまう。

いつまで声が聞こえるのか、どこまで行けば見放されるのか。

不安で毎日逃げたくなる。