宣教師に対して思うこと

小ネタ

個人的に思うこと

 

一部のと前置きはさせて頂くが、他国の文化と宗教を勝手に解釈して、本質を理解しない宣教師たちの土足で入ってくる無知さに苛立たしく思う。

アジアで欧米人ならモテるとか言っちゃってる輩となんも変わらん。

 

スポンサーリンク

日本人の宗教感

神道は自然発生した宗教で教祖もいない、当の日本人も宗教として認識せずに生活している。

先日、酒の席で旅行者たちに日本人の宗教について聞かれ、私の友人は『無宗教です』と答えていた。その彼女の地元は地域全体で秋の祭礼に情熱を注いでいる。こどもたちもだんじりを担ぎ、太鼓の練習を欠かさない。

信仰していないという神々の御守りを身につけ、家を建てる際には地鎮祭を執り行い、結婚式の時には仏滅を避けるし、菖蒲湯にも入る、商売をやっていれば十日戎で福笹や熊手を買い求める。それらをあえて信仰心と明文化することもない。日本人の宗教感はそういうものなんだと思う。

この国で宗教行事を避けて生きることのほうが難しい。実際クリスチャンでも仏式のお葬式でお焼香はする人も多いと聞く。

仏教は八百万の神々の中に上手く入ってきたけど、一神教はどうやら具合が違うようで。。。

 

日本軽視?

私もキリスト教徒だが、自国の文化や宗教を軽視されればむかつく。

長年宣教師たちを見てきたけど、本気で多くの日本人は無宗教だと思っている節がある。日本人はあくまで文化的な風習として宗教を認識していると。これが良くない。

宣教活動は布教地の文化に侵食していく。なのに奪っていくものが何であるかを見ようともしない。特にプロテスタントは欧米文化のコピーを目指しているかのようで、反ナショナリズムで日本人のアイデティティーを否定してくる。

そんな彼らのダブルスタンダードな行動に私は混乱する。『これは宗教ではなく文化だ』と勝手な解釈をして、地域の祭祀に参加したり、伏見稲荷の千本鳥居で写真を撮りSNSで拡散している。現在一万基ほどある鳥居がはすべては奉納されているものなのに、どう考えれば単なる文化と解釈できるのか。

神社仏閣を観光として楽しむ宣教師。八百万の神をもつ日本人であれば宗教ごっちゃ煮でもいいんだろうけど、キリスト教は一神教で聖書の十戒の始めにもこう書かれている。

あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない。
出エジプト記 20:3

殺人するな、姦淫するな、盗みをするな、偽証するな、隣人の妻に欲情するな、隣人の財産を羨むなと続く中で一番始めに書かれているのに。一般の信者でなく宣教師という立場の人間が心の持ちようで他の神々をまつる神輿を担ぐ行為までが罪でなくなるなら、私の中で許容範囲がとんでもなく広がるのだが。

本当に日本に対する軛を負っているのか?

一部の宣教師からはこの国に対する愛情を感じることができない。恋愛でも同じだと思うけど、相手を思う時には自然と相手のことを知りたくなるし、その人の言葉や考え方を知ろうとするはずなのにそれがないから。

自国の文化をそのまま輸入させ、あまつ日本人の性格まで変えてこようとする、それでいてアイデンティティーを持てというから難儀だ。

日本人が集団主義だとかいうレッテルも、個人主義の対極にあるマイナスイメージを戦後欧米人によって勝手に貼られたものなのに、日本で生活を始めてもまだそのような文化的ステレオタイプを当てはめてくるものだから『私のことをちゃんと見てくれてない、一緒にいるのに淋しい』てな状況に。そんな恋愛は長くは続かない。