裏切りと伝道

クリスチャン

セックスによる伝道?

結果論ですが。わたしがやらかした結果クリスチャンになった人たちがいる。

教会には申し訳ないのだけど、「そういう関係」の人間を教会に連れていくことに抵抗がないので度々連れていく。

わたしの周りにはズタボロな人たちが多いから。

神様がクズな状況を使ったことには正直驚きというか、妻子持ちだとわかっていても相手が触れなば落ちん風情であれば(男性に使えるのか?)最後の一押しをするし、浮気経験がないと言われれば特に好きでもなくても落とすようなことを何度もしてきている、わたし自身が間違いなく躓きの石だから。

 

スポンサーリンク

わたしは本当に救われているのか?

わたし自身、救われているのか?と疑問に思うことが多々ある。

Good comes out of evil、でもその悪も用が済めば大淫婦バビロンのごとく裁きの日に滅ぼされてしまう。わたしは本当に不甲斐ない。

 

Et tu, Brute? 

ホストに嵌る女性はとんでもなく不安定な人が多い。そばに置いておく人が欲しくて懸想したる人がいるのに別に関係も作ってしまう、そんな女ばかり。

そういうことを繰り返して心が壊れていった女性を沢山見てきた。

そんな時に恋い焦がれた人と関係を持っても他も切れない、切りたい、流され、逃げられない、思考できなくなり、死にたくなる。誰が裏切りものなのか。自分自身が一番卑しくて恥ずかしい。

愛されていた、神の愛を感じていた、でも今は?

あの時、純粋だった子どものときに死んでいればよかったのに。なぜ奇跡的に二度も重い病から生き返ったのか。ユダになる前に死にたい。

ユダもまた使途として人々を導く役割を得ていたはず。わたしがわたしを殺す。

怖い、「ブルータス、お前もか・・・」振り返った先にある腹心の顔は自分の顔かもしれない。