クリスチャン

クリスチャン

クリスチャンの不倫、略奪婚、子どもを守ること

ビッチな自分のことは棚に上げて、友達にも呆れられてますが。     不倫中のクリスチャンが行く教会、子どもと神様の繋がりを守ること 元彼は付き合ってすぐにクリスチャンになり、別居もした。 お互いに同じ年の子どもを持つ親...
クリスチャン

悪魔の試みは誘惑が一番魅力的に見える時にやってくる

荒野の誘惑 新薬聖書で有名なエピソードである荒野の誘惑。 マルコ1:12-13 マタイ4:1-11 ルカ4:1-13   悪魔は絶妙なタイミングで仕掛けてくる 悪魔が仕掛ける3つの誘惑の1つ目、飢えているイエス...
クリスチャン

風俗で働くなってこと!?

神の啓示は千態万状   痩せ馬鞭を恐れず 今更怖いものなんてない。甘い癒しの言葉とかいらない。 神様の言いつけなんか守りゃしないで自業自得で足掻いて、未だに突っ張って生きることしか出来ない子どものようなわたし。 久しぶりに...
スポンサーリンク
クリスチャン

仮面舞踏会 in 教会

日曜だけクリスチャン   誰だって役割を演じながら生きている。妻、彼女、親、子ども、生徒、労働者、SNS上のペルソナ。 素の自分にとって好きな仮面と嫌いな仮面、両方ある。 でも複数あるペルソナにあんまり大きな解離があって...
クリスチャン

神様の声ってどこまで届くんだろう?

わたしのところまで届いているのは確かなんだけど、ここは真っ暗闇です。 緩く生きててなんとなく迷い込んだ心の迷路。 洒落にならない状況を洒落のように生きている。 嘘のような、本音のような、行く当てがわからないまま、漂流してい...
クリスチャン

なぜ虐待児が助けてと声をあげないのか?

虐待児の思考 虐待の記憶、感情を思い出すことは辛いけど、誰かに知ってほしい。 虐待されている子がなぜ助けてと声をあげないのか? 助けがあることを知らない 子どもの世界は大人が思っている以上に狭い。当時のわたしは12~17歳。家族...
クリスチャン

失恋の時に読むべき13の聖句

辛いときに聖書を読む   辛いときに素直にすがれる相手は神様しかいない。だってすべてお見通しで、罪まみれのわたしが傷ついて立ち返るのを待っていてくれてるから。 墜ちてる時にしか真剣に神様を求めなくなってる自分を反省しつつ、聖書...
クリスチャン

不倫をすると病む3つの理由

不倫は確実に病みます 不倫をしていると将来が不確定過ぎて不安になります。 不倫関係を清算して次の恋愛に進んでも、その後遺症は残ります。 知らずに傷ついていた過去を振り返り、教会でありのままを吐き出し、祈ってもらっている。もう、...
クリスチャン

教会は魔窟か?

教会も世の中もみんな一緒 教会はイイ人の集まるところだと思って通い始めると衝撃に見舞われます。 だって、人間のクズこそ救いを求めるからね。 まぁ、世の中のクズと違うところは神様の視点で善か悪かを理解してるから尚の事最悪って感じ...
クリスチャン

正しい願い、愛に満ちた新しい心

神様を一番に求めたい 前に書いた『風俗で働くということは自傷行為と代償行為』で目に留まったエゼキエル書 その時、あなたがたは、きれいな水を浴びたようになり、汚れがすっかりきよめられ、偶像礼拝も行われなくなる。 わたしはあなたがたに新しい...
スポンサーリンク