花粉症! アレルギー性鼻炎が酷いのでレーザー治療を受けてみた

アトピー

鼻炎レーザー治療を初体験

季節は1月中旬、花粉の季節が始まる前。

わたしと同じように鼻炎に苦しむ息子が治療してみたいとネットで探してきたので、一緒に受けてみました。

 

スポンサーリンク

病院選び

息子がネットで探してきた信濃町駅直結の大崎クリニックが都合もよいので、他の病院も探さずにそのまま予約しました。

アクセスが楽、土日診察、保険適用、ネット予約が簡単、当日治療、サイトがわかりやすかったからです。

 

病院滞在時間1時間

レーザー治療を専門にしておりネットでも検索上位で荒稼ぎお忙しいようでしたが、診察までのプロセスがとてもスムーズでした。

翌日が休日の日曜の3:30に二人で予約をとっていたのですが、会計して病院を出るまでの所要時間は1時間未満でした。

 

グループで説明を受ける

予約時間になると他の数人と一緒に奥の部屋に通されました。ティッシュがちゃんとあるのが嬉しい。

まずカルテと予診票を記入。それからレーザー治療に関する説明を数分間の動画で受けました。

わかりやすい動画で特に質問もなく、順番に診察室へ移動。

 

ウェルダンではなくミディアムレアな焼き上がり

手術は息子と一緒に受けれました。私たちはアレルギー検査は最近したことがあるので割愛しました。

麻酔薬の危険性の説明を受けたのち、2種類スプレー式麻酔をして直ぐに始まりました。

先生の説明によると、腫れてぶよぶよした粘膜だと水分を飛ばすだけで焼ききれないそう。

2回目の手術は二カ月開けばまた保険治療が可能だそうです。

息子は両方の穴を照射制限ぎりぎりまで。わたしは片方だけ制限ぎりぎりまで焼かれました。

お肉が焼ける匂いはなかったです。

 

お会計

手術後はそのまま待合室で会計待ち。ここにもティッシュ🎵

わたしはさっきよりも鼻炎が酷い状態に。息子は平気そう。

アレルギー検査をしなかったので一人1万以内に収まりました。(保険治療はクレカ払いできません)

処方箋をもらい帰宅。

 

術後の経過

初めに数日間鼻炎が酷くなる人がいると聞いていましたが、わたしと息子では反応が違いました。

わたしは寝るまで酷い鼻炎の状態。翌日夕方ごろには落ち着きました。

息子は何もなくそのまま寝ましたが、翌朝鼻血。その後は特に症状もなく。

4日間はお薬を飲んでますが、当日から日常生活に戻れました。

 

レーザー治療を受けるタイミング

 初めての治療だったので一月後の検診に行ってきました。

先月の手術当日は二人とも既に鼻炎の症状が出ていました。

わたしの鼻腔はそこまで酷くなかったようで、十分に焼けたようです。

息子の場合は鼻腔がぶよぶよに腫れている状態だったため、レーザーを照射できる時間内ではぶよぶよの水分を飛ばすばかりで、全体を十分に焼けなかったようです。それでも十分な効果は感じているようですが、手術から2カ月経てば再度保険で手術可能になるので予約を取りました。

 

手術のタイミングは、鼻炎の状態が酷い時は避けたほうがよいとのことで、とりあえず入れた予約も症状が重い時には日程を変更してよいとのこと。

 

人によって術後に症状が戻ってきてしまうタイミングは違いますが、春と秋の年二回、1年おき、2年おきで受ける人がいるそうです。